慢性腰痛・脳卒中後遺症専門【北柏のぞみ整体院】のつぶやきブログ

「3以上の整骨院・整形外科に通っても治らなかった腰痛」「もっとリハビリを続けたい。だけど続ける場所がない脳卒中後遺症」方々に支持されている整体院【北柏のぞみ整体院】の院長のブログです。

脳梗塞後遺症の歩きを安定させたいあなたへ

柏市脳卒中脳梗塞脳出血)後遺症の継続したリハビリの専門整体【のぞみ整体院】の氏原です。

昨日の台風は、柏にはあまり影響がなくよかったです。台風一過でジメジメで暑かったですが・・

今年は台風が多くてこの先が不安ですね。。

そういえば吹石一恵さんが妊娠したとか!!福山雅治吹石一恵の子供ってどんだけ可愛いか、イケメンが生まれてくるんでしょうかね・・笑  とにかくおめでとうございます^^


さて今日は、脳梗塞脳出血のリハビリでよく経験する「歩くと足の指の力が抜けない」症状の解決方法をお話ししていきます。


立ったり、歩いたりすると指がぎゅっと握ってしまって、指の先に痛みが出てしまうことを「クロートゥー」と言います。この症状が出ると、指の痛みに合わせて足首の硬さや、歩行時にフラつきが多く出てしまいます。

この症状に対して、一般的なリハビリでは

・指のストレッチ
・足底のマッサージ

などを行いますが、その時は改善しても3歩歩くと元に戻ってしまします・・


このクロートゥーにも必ず原因があります。そこに対してアプローチしなければなかなか改善しません。

臨床上、クロートゥーの原因として、過剰なバランス反応が原因のことが殆どです。

私たち健常の人も起こりうる反応が過剰に出てしまっているんです。

例えば、立った状態で後ろにバランスを崩れた時に、人間は転ばなように足の指をギュッと握って地面をつかんでバランスを取ろうとしますよね?

これがクロートゥーのそもそもの原因なんです。


つまり、根本的に改善するためには、


「足の指を治す」ではなく「後方にバランスを崩している原因を治す」


これが根本治療になってきます。


足に異常があるから足ばかり見てもなかなか答えは見つかりません。。


「木を見て森を見ず」これに気をつける必要がありますね^^


木の細胞まで見れるのに、森は見れないセラピストは本当に多いですから・・





追伸

のぞみ整体院は、柏市周辺で脳卒中脳梗塞脳出血)でリハビリテーション病院でのリハビリを終えてた方を対象にした、「継続したリハビリテーションのお手伝いをする」場所を提供しています。

私がリハビリテーション病院で勤務時代、

「もっと良くなりたい。なる気がするのに帰ったらもうダメね・・」

「帰った後にしっかりリハビリできるとこないの?」

退院間近の患者様がよくこんなことを口にしていました。

退院後のリハビリを提供できる場所はあります。

訪問リハビリテーション・外来リハビリテーションデイケア・デイサービス

などなど・・

でもあくまでも「維持期のリハビリテーション」という考えです。

脳梗塞脳出血後の発症から時間が経った身体の機能をさらに引き出すことは困難です・・

さらに、現在は医療保険での維持期のリハビリが縮小されつつあるため「外来リハビリテーション」を頼りにしていた方々も、「来月で卒業です」なんて言われて目標達成できていない段階で終了してしてしまう方も多いのではないでしょうか??

本当に脳梗塞脳出血後の方が「もっと身体をよくしたい!!」という声に応えれる場所が極端に少ないのが今の現状です。

これをどうにかしたい。1人でも多くのクライアント様のお役に立ちたい。そんな思いで「のぞみ整体院」を営業しています。

 

興味ある方はこちらをクリック!

諦めたくない!脳梗塞・脳出血の継続したリハビリなら【のぞみ整体院】