慢性腰痛・脳卒中後遺症専門【北柏のぞみ整体院】のつぶやきブログ

「3以上の整骨院・整形外科に通っても治らなかった腰痛」「もっとリハビリを続けたい。だけど続ける場所がない脳卒中後遺症」方々に支持されている整体院【北柏のぞみ整体院】の院長のブログです。

片麻痺の歩きを劇的に安定させるコツ

おはようございます。

北柏駅から徒歩3分!!柏市脳卒中(脳梗塞脳出血)の継続したリハビリに特化した整体【のぞみ整体院】の氏原です。

残暑が厳しいですね!今年はなんと秋の味覚のサンマが例年の3倍になるとか。サンマの塩焼き大好きなのに食卓には乗りづらくなりますねー。

あっ、もうちょいで私29才になります。

20代最後の歳を駆け抜けてやりますよ!


さて、今日のテーマは、歩く時に体重をしっかり麻痺側に載せるコツに関して書いていきます。

脳梗塞による片麻痺だけでなく、大腿骨の骨折後の歩きにくさにも使えるコツですよ^ ^


あなたが、歩く時にどうやって体重を乗せますか??


いざ聞かれると言語化するのは難しいものです。なぜなら健常の方はそれを無意識にやっている運動だからです。

それを意識化して行うためには、やはり「乗せ方」をちゃんと知らなければいけません!!

でも、それって教えてもらいました??たぶん誰も教えてくれません。セラピストもほとんど知らないんです!!


いつくつかコツはありますが、今日はそのうちの1つを教えます。

 

いままで、体重を、載せる時にどんなことを意識てしリハビリしていましたか?

乗せる足に力をいれる
地面に足を押し付ける
こんなイメージではないでしょうか。

まず、このイメージを捨てましょう!!


ポイントは


「力まずに上半身を乗せる足の上に移動する」

こんな、感じのイメージです。


ゆらーゆらーと上半身がゆるんで足の上に移動できればオッケーです^ ^


これをスムーズ行うポイントは股関節です!


股関節は自由度の高い関節のため、円滑な体重移動には必須の部位です。


股関節を効率よく使うためには、立った状態で股関節の付け根(鼠径部)に手を添えて、また上半身をゆらーゆらーと左右に揺らします。


そうすると、自然と足の力みがとれて体重が乗っている感覚が足の裏に感じれて来るはずです!

是非お試しください^ ^

 

 

追伸

のぞみ整体院は、柏市周辺で脳卒中脳梗塞脳出血)でリハビリテーション病院でのリハビリを終えてた方を対象にした、「継続したリハビリテーションのお手伝いをする」場所を提供しています。

私がリハビリテーション病院で勤務時代、

「もっと良くなりたい。なる気がするのに帰ったらもうダメね・・」

「帰った後にしっかりリハビリできるとこないの?」

退院間近の患者様がよくこんなことを口にしていました。

退院後のリハビリを提供できる場所はあります。

訪問リハビリテーション・外来リハビリテーションデイケア・デイサービス

などなど・・

でもあくまでも「維持期のリハビリテーション」という考えです。

脳梗塞脳出血後の発症から時間が経った身体の機能をさらに引き出すことは困難です・・

さらに、現在は医療保険での維持期のリハビリが縮小されつつあるため「外来リハビリテーション」を頼りにしていた方々も、「来月で卒業です」なんて言われて目標達成できていない段階で終了してしてしまう方も多いのではないでしょうか??

本当に脳梗塞脳出血後の方が「もっと身体をよくしたい!!」という声に応えれる場所が極端に少ないのが今の現状です。

これをどうにかしたい。1人でも多くのクライアント様のお役に立ちたい。そんな思いで「のぞみ整体院」を営業しています。

 

興味ある方はこちらをクリック!

http://nozomi-seitaiin.com/