読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慢性腰痛・脳卒中後遺症専門【北柏のぞみ整体院】のつぶやきブログ

「3以上の整骨院・整形外科に通っても治らなかった腰痛」「もっとリハビリを続けたい。だけど続ける場所がない脳卒中後遺症」方々に支持されている整体院【北柏のぞみ整体院】の院長のブログです。

脳梗塞後の痺れの原因が明らかに!?

おはようございます。

柏市脳卒中(脳梗塞脳出血)後の継続したリハビリの専門整体【のぞみ整体院】の氏原です。

昨日まであった熱は何とか回復。。

今日からまた気合い入れて頑張るぞーー!!


今日のテーマは脳卒中後の痺れに関してです。


脳卒中後に麻痺した手足がしびれて眠れない

・痺れがあって歩きにくい

・痺れで麻痺した腕が動きにくい


こんな悩みの方多いですよね。


この痺れってどうにかならないの!?


結論から言うと、改善する可能性は十分にあります。

よく、脳出血だからしょうがない。慣れます。なんて言われたことあると思います。

でも、ちゃんと痺れにも原因があります。

臨床上よくみる痺れが強い方のパターンは

麻痺した手足から上手く感じ取れていないときに痺れを生じているパターンです。

麻痺した手で例を挙げると、

手の見えないところで、指を動かしてもらって、今自分の指の形と、頭の中で考えている指の形が一致していない時があります。この時に脳がエラー感知して痺れや痛みとしてサインを出していることがあります。


その他の原因としては、麻痺側の痙性が強くなることによる虚血や神経の圧迫によるものです。

みなさんも正座をずっとしているとしびれますよね?それと同じ原理です。痙性によって血の流れや神経を圧迫して痺れを生じることがあります。


臨床上この2つの要素をしっかり鑑別してアプローチすると痺れが改善するケースが多くあります!

しびれはしょうがない。。と諦めないでくださいね^ ^

 

追伸

のぞみ整体院は、柏市周辺で脳卒中脳梗塞脳出血)・重症の腰痛でリハビリテーション病院でのリハビリを終えてた方を対象にした、「継続したリハビリテーションのお手伝いをする」場所を提供しています。

私がリハビリテーション病院で勤務時代、

「もっと良くなりたい。なる気がするのに帰ったらもうダメね・・」

「帰った後にしっかりリハビリできるとこないの?」

退院間近の患者様がよくこんなことを口にしていました。

退院後のリハビリを提供できる場所はあります。

訪問リハビリテーション・外来リハビリテーションデイケア・デイサービス

などなど・・

でもあくまでも「維持期のリハビリテーション」という考えです。

脳梗塞脳出血後の発症から時間が経った身体の機能をさらに引き出すことは困難です・・

さらに、現在は医療保険での維持期のリハビリが縮小されつつあるため「外来リハビリテーション」を頼りにしていた方々も、「来月で卒業です」なんて言われて目標達成できていない段階で終了してしてしまう方も多いのではないでしょうか??

本当に脳梗塞脳出血後・腰の手術後の方が「もっと身体をよくしたい!!」という声に応えれる場所が極端に少ないのが今の現状です。

この状況をどうにかしたい。1人でも多くのクライアント様のお役に立ちたい。最後の希望の場所になりたい。そんな想いで「のぞみ整体院」を作りました!

 

興味ある方はこちらをクリック!


http://nozomi-seitaiin.com/