慢性腰痛・脳卒中後遺症専門【北柏のぞみ整体院】のつぶやきブログ

「3以上の整骨院・整形外科に通っても治らなかった腰痛」「もっとリハビリを続けたい。だけど続ける場所がない脳卒中後遺症」方々に支持されている整体院【北柏のぞみ整体院】の院長のブログです。

もう効果のないリハビリやめませんか?【脳卒中リハビリ】

こんにちは。


柏市脳卒中後遺症・慢性疼痛のリハビリ専門【のぞみ整体院】の氏原です。

豊洲の市場ひどいですねー。なんか責任の押し付け合いばっかり。バレないわけないのになんで作業を省いちゃうんでしょーね。小学校高学年でも分かるわ( ̄▽ ̄)これでは消費税増税って言われても、国民は納得するわけないですね!


さて、今日は【脳梗塞脳出血のリハビリの動きを覚えるコツ】についてお話ししていきます。

 


脳梗塞脳出血のリハビリの中で、セラピスト言われたことがなかなか、身体で覚えられない。

 


・習ったその時は調子が良いんだけど、次の日はまたリセットされている。

 

こんな悩みの方に役立つ情報です^ ^


動きを覚えるには、まず最重要なことは「自分で考える」「自分で動いてみる」
これがポイントです!!


多分動きを覚えられない人はセラピスト依存型のリハビリを受けている可能性があります。


リハビリ室にくる→セラピストと話しながらマッサージをうける→なんとなく立ってバランス練習する→歩く→お疲れ様でした

 

こんな流れでリハビリをしてないでしょうか?


別に間違ってはないですけど、もしかしたら少し内容を変えると効果がグーーンと上がるかもしれませんよ!


具体的にどんなことか、、

自分でどう動いたらバランスをくずさないのか
自分でどう動いたら足がでやすいのか
などセラピストに動かされるのではなく「自分で動く」


そしてここらもっと重要!!


「動きの楽さやスムーズさを比較する」


つまり、


「さっき、こう動いたら始めより足が出やすかった!!」


など、自分の中で動きの良し悪しを比較することで、良かった方を脳が感じ取って頭にインプットしてくれます!

この過程が動きを覚えるということなんです。


この過程なしに無言でセラピストに動かられっぱなしでは、一向に動作は定着しません。


動かすのは自分です!!


最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

追伸

のぞみ整体院は、柏市周辺で脳卒中脳梗塞脳出血)・重症の腰痛でリハビリテーション病院でのリハビリを終えてた方を対象にした、「継続したリハビリテーションのお手伝いをする」場所を提供しています。

私がリハビリテーション病院で勤務時代、

「もっと良くなりたい。なる気がするのに帰ったらもうダメね・・」

「帰った後にしっかりリハビリできるとこないの?」

退院間近の患者様がよくこんなことを口にしていました。

退院後のリハビリを提供できる場所はあります。

訪問リハビリテーション・外来リハビリテーションデイケア・デイサービス

などなど・・

でもあくまでも「維持期のリハビリテーション」という考えです。

脳梗塞脳出血後の発症から時間が経った身体の機能をさらに引き出すことは困難です・・

さらに、現在は医療保険での維持期のリハビリが縮小されつつあるため「外来リハビリテーション」を頼りにしていた方々も、「来月で卒業です」なんて言われて目標達成できていない段階で終了してしてしまう方も多いのではないでしょうか??

本当に脳梗塞脳出血後・腰の手術後の方が「もっと身体をよくしたい!!」という声に応えれる場所が極端に少ないのが今の現状です。

この状況をどうにかしたい。1人でも多くのクライアント様のお役に立ちたい。最後の希望の場所になりたい。そんな想いで「のぞみ整体院」を作りました!

 

興味ある方はこちらをクリック!


http://nozomi-seitaiin.com/