慢性腰痛・脳卒中後遺症専門【北柏のぞみ整体院】のつぶやきブログ

「3以上の整骨院・整形外科に通っても治らなかった腰痛」「もっとリハビリを続けたい。だけど続ける場所がない脳卒中後遺症」方々に支持されている整体院【北柏のぞみ整体院】の院長のブログです。

脳梗塞後の歩きをスムーズする方法

柏市脳卒中(脳梗塞脳出血)の継続したリハビリ専門【北柏のぞみ整体院】の氏原です。


脳梗塞後遺症で、よく聞かれる悩みとして

「足首が上がらない」
「歩くとつま先が引っかかる」

このような声がよく聞かれます。

これを放置していると、つまずいて転倒する危険や足首を捻挫してしまう危険があります。


これを解決するために、あなたはどんなリハビリを受けてきましたか??

足首を上げる筋肉を鍛える
アキレス腱をのばす
足を持ちあげる練習をする

このようなリハビリを受けてきた人がほとんどだと思います。


でも、なかなか効果が持続しにくいのではないでしょうか??


それは何故でしょう?


「足首が下を向く原因」に対してアプローチができていないからです。

 

あなたは、足を振り出す時どこに1番力を入れていますか??


足首が下向きに引っかかる人は、結構な確率で背中から腰を使って降り出し動作をしています。


腹部を使う感覚が無い状態で、足を振り出すと背中を使って代償してきます。そうなると、脳卒中特有の伸展パターンを助長してしまうのです。

これが、振り出すときに出る「足首の引っかかり」につながっていることが非常に多いです。

もちろん、純粋に足首が上がらないだけ問題の方もいますがホントに稀です。

 

足を力まず引っかからずに出すポイント!!


健側に力を抜いて体重を乗せる
重い足を気合いで足を出す!!って意識を抜く
力が抜けた麻痺した足を前に置くという意識に変える
これだけで改善はするケースは多いです。

あとは、気合いで出そうとするとかならず、背中に力が入ります。

重要ポイントは

「自分がどこに力を入れて歩いている」

これを考えながら自分の身体と会話しながら歩く


これをやってみてください。


そうすると、なんで足が出ないのか?が自分で判断できます。そうなると自分で修正できるようになります。これを、繰り返すと無意識での運動へつながってきます^ ^


最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 


追伸

のぞみ整体院は、柏市周辺で脳卒中脳梗塞脳出血)・重症の腰痛でリハビリテーション病院でのリハビリを終えてた方を対象にした、「継続したリハビリテーションのお手伝いをする」場所を提供しています。

私がリハビリテーション病院で勤務時代、

「もっと良くなりたい。なる気がするのに帰ったらもうダメね・・」

「帰った後にしっかりリハビリできるとこないの?」

退院間近の患者様がよくこんなことを口にしていました。

退院後のリハビリを提供できる場所はあります。

訪問リハビリテーション・外来リハビリテーションデイケア・デイサービス

などなど・・

でもあくまでも「維持期のリハビリテーション」という考えです。

脳梗塞脳出血後の発症から時間が経った身体の機能をさらに引き出すことは困難です・・

さらに、現在は医療保険での維持期のリハビリが縮小されつつあるため「外来リハビリテーション」を頼りにしていた方々も、「来月で卒業です」なんて言われて目標達成できていない段階で終了してしてしまう方も多いのではないでしょうか??

本当に脳梗塞脳出血後・腰の手術後の方が「もっと身体をよくしたい!!」という声に応えれる場所が極端に少ないのが今の現状です。

この状況をどうにかしたい。1人でも多くのクライアント様のお役に立ちたい。最後の希望の場所になりたい。そんな想いで「のぞみ整体院」を作りました!

 

興味ある方はこちらをクリック!


http://nozomi-seitaiin.com/