慢性腰痛・脳卒中後遺症専門【北柏のぞみ整体院】のつぶやきブログ

「3以上の整骨院・整形外科に通っても治らなかった腰痛」「もっとリハビリを続けたい。だけど続ける場所がない脳卒中後遺症」方々に支持されている整体院【北柏のぞみ整体院】の院長のブログです。

【警告】腰痛は我慢しないでください

おはようございます!

 
千葉県柏市の重症腰痛、脳梗塞後遺症に特化した整体【柏のぞみ整体院】の氏原です。
 
今日は、「腰痛を我慢して放って置くリスク」に関してお話ししていきます。
 
 
先日、柏のぞみ整体院にこられたクライアント様は、
 
  • 繰り返しぎっくり腰をやっている
  • 背中全体がバキバキ
  • 腰痛がきついときは吐き気まである
  • お腹が圧迫あせてご飯が食べれない
  • ふくらはぎがパンパンでよくつる
 
この様な症状をもっていて、かなり重症な状態でした。
 
問診をしっかりして緊急性の高い腰痛ではないと判断したので見させてもらいました!

 

 
 
いろいろお話を聞いていくと、腰痛は何年も前から持っていてぎっくり腰を何回も繰り返していたとのこと。ひどくなったら整体にいって整えて。その繰り返しでした。

やはり根本を叩いていかないと腰痛は繰り返してしまうんです。


上の症状は一貫性がない様に見えますが、身体全体を通して評価すると全てリンクしているんです。


この方の腰痛の根本原因は、「立った姿勢の重心の位置が異常なほど前方に位置している」これがポイントでした。

立った姿勢を観察すると、体重がつま先にほとんどかかっていて、後ろから押すとすぐに前方にバランスを崩してしまうほどでした・・


こんなにバランスが崩れていることに、本人は全く気付いていませんでした。


これが怖いところなんです。


慢性的な腰痛が続いていくと、そのうち痛いことが「普通」だと脳が認識していまいます。そのため、多少の姿勢の崩れや腰の張りに「気付かなくなってしまう」これが超危険信号なんです。


気付かなければ治そうと思うことも無くなります。でも、いつか限界が来て「ぎっくり腰」という形でイエローサインを送っていたのでしょう。


これを無視し続けると、手術が必要な腰痛へと発展する可能性が非常に高くなります。


早く原因に気付かせてくれる場所を見つけることが重要です。


そんな方は、ぜひ「のぞみ整体院」へお越しください。


痛みを取るのは現在は医療・技術の発達「当たり前」になってきています。


でも、「なんで痛くなったのか?」これを解決できるのは一握りです。


詳しく知りたい方はこちらを見てください。

image

  •